歯科医院というと歯を削られて痛い思いをすることや、削られる音が嫌いで虫歯ができても不安で行くのを躊躇ってしまう方もいるのではないでしょうか。
しかし、虫歯と言っても必ず削られるというわけではありません。
虫歯には進行度に段階があり、段階によっては削らなくてもすむ場合もあり、大切なのは早めに治療を行うことです。
実際にどのような治療が行われているのか知識があれば不安の解消にもつながるでしょう。
今回は虫歯の進行度と、その治療法を説明します。

まず進行どの一番軽いものがCOと呼ばれる段階です。
これは、ごく初期段階の虫歯で「要観察」となる虫歯です。
歯の一番表層のエナメル質が少しだけ溶けてしまい斑点状や帯状に濁りが出ます。
この段階では痛みが出ることは希で、削らずにフッ素塗布などだけで経過観察することもあります。

COから進行するとC1になります。
この段階になるとエナメル質のみが溶かされ穴が開いてしまいます。
穴が開いているものの、溶けているのはエナメル質だけであるため、痛みはほとんどないのが特徴です。
治療方法は通常であれば虫歯を削って詰め物をします。

歯が染みる女性 更に進行するとC2と呼ばれる段階です。
虫歯はエナメル質の下の層、象牙質まで進行しています。
この段階までくると甘いものがしみたり、冷たいものがしみたり、ズキズキ痛んだり虫歯の症状が出ることが多くなります。
進行の状態にもよりますが、治療は虫歯を削って詰め物をして終了です。
しかし、神経の近くまで達してしまった場合は神経を抜くようになってしまうこともあります。

象牙質から更に進行するとC3と呼ばれ、神経まで虫歯が進行した状態です。
この段階は神経が炎症を起こし、歯髄炎と言われる状態です。
ズキズキした強い痛みを起こすことや、神経が死んでしまうこともあります。
神経が死んでしまうと根の内部や先端に膿がたまる症状が出てきます。
治療は通常神経を抜いて、歯の根の内部の治療が数回行ったあと被せ物をして終了です。

神経より更に虫歯が進行してしまうと歯の根の部分だけ残っているような状態になります。
この段階はC4と呼ばれ歯の保存が難しい状態です。
神経がすでに死んでしまっているからです。
そのため、治療では抜歯をして入れ歯などをするようになります。

歯科治療 歯科医院では以上のような治療が行われています。
小さいお子さんがいる方は、歯科医院になかなか行けず放置してしまうかたもいらっしゃるでしょう。
ごく初期のCOであれば自宅のケアで治せることもありますが、早い段階で行けば治療期間も短くて済むので、症状が進行してしまう前に治療を受ける方が後で大変な思いをしなくて済みます。
家族で通える歯科医院もあるので、そのような歯科医院を探すのも良いでしょう。

お金が心配なら自費診療と保険診療を知る

治療費のイメージ 治療によっては数回通うこともあり、治療にかかる費用が心配になることもあるでしょう。
歯の治療には自費診療と保険診療になるものがあります。

虫歯の治療では詰め物をすることが多いですが、詰め物にはコンポジットレジンインレー、銀色の金属素材、ゴールドインレーなどが使用されます。
コンポジレットレジンインレーは白いプラスチック素材のため見た目が歯に近いものの、時間が経つと変色してしまう場合があります。
また、強度が強くないため?み合わせによっては欠けたり割れたりするのがデメリットです。
銀色の金属素材の場合、強度が強いものの見た目が悪いことや、時間が経過すると金属が溶け出しアレルギーを起こすリスクが高くなります。
コンポジレットインレーと銀色の金属は保険診療になりますが、ゴールドインレーは自費診療です。
ゴールドインレーは金属なので見栄えは良くないものの、強度が強いのに成分が溶け出しにくくアレルギーを起こしにくいことがメリットです。

被せ物の場合も詰め物と同様に保険診療で治療できるのはプラスチック素材と銀色の金属素材となります。
自費診療で行える治療はセラミックや金の被せ物があります。
セラミックは歯の色に近いため見た目が良くなるというメリットがありますが、割れやすいのがデメリットです。
セラミックのデメリットを軽減させるために内部が金属で外から見える部分だけセラミックにして見栄えをよくしたものもありますが、こちらも自費診療です。

このように虫歯の治療には自費診療と保険診療があるため費用のことや、見た目の問題など歯の治療をする際には考えることが多くあります。
どのように治療したいか歯科医に伝えるのも大切なことです。
歯科医が治療の方針を決める際の参考にするからです。
そんな時、何も準備できていない状態で質問に答えるのは難しいかもしれません。
歯科医院に行く際は自宅でどのような治療があるのか知識を得て、どのような方針で治療を行いたいのか自分なりに考えるなど準備をしていくと良いでしょう。

虫歯の治療には自費診療と保険診療があることを説明しましたが、見栄えが良く、強度も強く、アレルギーのリスクが低いものとなると値段が高い自費診療になる傾向があります。
プラスチック素材を使う場合、割れたりかけたりすると再度歯科医院に行かなければなりませんし、アレルギーが出てしまっても再受診が必要でしょう。
そのようなことまで考え費用面は歯科医や家族と相談し解消してから治療を始めるようにしましょう。