矯正を考えたらインビザラインを覚えておこう

きれいな歯並び 日本人は歯並びがガタガタになっている人が多いです。
顎の大きさと歯のサイズの不調和によって歯並びが悪くなってしまうほかに、骨格によって出っ歯などの症状があらわれます。
歯並びをきれいにするための治療を行うのが矯正歯科です。
海外では気になったら子供の頃から矯正歯科を受診するのが一般的ですが、日本ではそこまでの習慣がありません。
特に、矯正のために使うワイヤー装置に抵抗を感じる人が多いです。

歯列矯正はしたいけれども、ワイヤー装置のような目立つ治療は行いたくないという人のためにできたのが、インビザラインという治療です。
インビザラインは海外でできた新しい矯正治療です。
従来の矯正との最大の違いは、ワイヤーを一切使わない点です。
使用するのは透明なマウスピースで、歯並びを移動するように設計されています。
インビザラインのマウスピースは透明なので、装着していても目立つことはありません。

コンピューター上で歯並びなどを入力して作成するマウスピースは正確で、定期的に新しいマウスピースに作り替えることで、少しずつ歯を動かすことが可能です。
特徴として、自分で取り外しができる点があります。
外見を気にして今までが歯列矯正ができなかった人も治療が可能になるという、矯正治療に革命を起こしたといっても過言ではありません。
食事や歯磨きといった際には取り外しもできるので、違和感を感じにくいという特徴もあります。

インビザラインは海外で考え出された治療ですが、クリアアライナーという矯正治療は日本で考え出されました。
クリアアライナーもマウスピースを使って行う矯正治療です。
患者さんとしてはそれほど違いは感じないかもしれませんが、インビザラインはコンピューター上でマウスピースを作成するので、歯型は初診の1度だけ取ればあとは自動的に作ることができます。
クリアアライナーは新しいマウスピースにするたびに歯型を取る必要があるので、面倒に感じる人もいるかもしれません。
ただ、その時の口の状態に合った治療が可能になるというメリットもあります。

歯列矯正を考えている人は、ワイヤー装置の治療だけでなく、マウスピースを使った治療があるということを覚えておきましょう。
歯が動くように設計されているので初めて装着すると違和感を感じますが、次第に慣れていきます。
ワイヤーですと、口の中の粘膜に当たって痛みを感じることもありますが、マウスピースであれば痛みを大幅に軽減することができます。